So-net無料ブログ作成

「私の沖縄戦記」 [読書]


18032401.jpg

先日、映画『ハクソー・リッジ』を観ました。
「ありったけの地獄をひとつにまとめた」と米軍に言わしめた激戦・・・。
その舞台となった「前田高地の戦い」の本がありました。

著者は、沖縄学の第一人者の外間守善さん。
この戦闘に、志村大隊(重機関銃中隊指揮班)の二等兵として戦闘に参加し、800人中29人という奇跡的な生還を果たした人です。

このあたりはどこの壕へ行っても4月29日からの激戦で倒れた戦友の屍が 黒ずんだ紫色をして膨れ上がったまま転がっていた。 死臭には馴れっこだったが、ガスを噴き出す屍は耐え難い異臭を放った。

淡々と書かれていますが、映画に負けず劣らずの凄惨な戦場が書かれています。
こういうのを子どもたちにも読んでもらいたいな、と感じました。


23日のローラー台

18032301.jpg

18032302.jpg

本日のローラー時間:50分
3月度のローラー時間:800分
2018年度ローラー総時間:2660分


「ハクソー・リッジ」スタンダードエディション [Blu-ray]

「ハクソー・リッジ」スタンダードエディション [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: Blu-ray



「ハクソー・リッジ」スタンダードエディション [DVD]

「ハクソー・リッジ」スタンダードエディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: DVD



スポンサーリンク

nice!(18)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 18

コメント 6

ranran

映画硫黄島からの手紙で、投降する日本兵を撃つ米兵に大変な怒りを感じましたが 真逆のシーンでは怒りを感じなかった

全くエゴイストなんだなと実感した瞬間です

人(動物)は争いを避けられないとも言います
政治は血を流さない戦争
戦争は血を流す政治

争うならば 外交でしっかり戦って欲しいものです
by ranran (2018-03-26 07:57) 

tsun

ranranさん
この映画は、対日本なので観るのを躊躇していました。
これが対ドイツなんかだったりすると、迷わず観てしまいます。
そうですよね、外交でしっかり戦って欲しいです。
前線で闘うのは、政治家でも外交官でもないんですよね。
by tsun (2018-03-26 15:08) 

nd502

劇場で見て感激しました。ブルーレイも発売と同時に購入しました。
by nd502 (2018-03-26 18:53) 

nikki

この映画は見てないけど、もう2度と戦争はしてはいけませんね。
by nikki (2018-03-26 22:46) 

tsun

nd502さん
さすがですね(笑)
映画の中にもありましたが、実際に日本兵も手当したみたいですね。
by tsun (2018-03-27 09:38) 

tsun

nikkiさん
誰もがそう思っても、無くなりませんね。
by tsun (2018-03-27 09:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © チンチコチンでトキントキン、時々ダランダラン All Rights Reserved.