So-net無料ブログ作成

『偽りのサイクル 堕ちた英雄ランス・アームストロング』 [読書]


18011901.jpg

アメリカの女性ジャーナリストであるジュリエット・マカーが、ランスの疑惑を追ったノンフィクション。
上下2段の400ページ以上という長編です。
翻訳本にありがちな「?」な部分がなく、しっかりと訳されており読みやすかったです。

ところで、ランス・アームストロングとは・・・。
ランス・アームストロングは、選手として頭角を現してきた20代に癌を発症し、睾丸から脳まで癌に冒されながらも奇跡の復活を果たし、その後1999年から2005年にかけてツール・ド・フランスを7連覇した選手です。当時はスポーツ選手としてアメリカはもちろん全世界で絶大な人気を誇っていました。
しかし、全米反ドーピング機関により、以前からくすぶっていたドーピング疑惑がついに白日の下に晒され、この7連覇はもちろんのこと、1998年8月1日以降の記録を全て抹消され、永久追放処分となりました。

お金に物を言わせた買収や脅迫、政治家を使った隠ぺい工作、がん患者支援を行う財団を設立してのイメージ戦略等、おおよそ善人とはかけ離れた所業をなんでもやっています。

ただ、最後にあったランスの言葉・・・。
いかさまをしたから勝てたのではない。
自分を勝たせることのできるチーム作りをしたからである。
そうなんですよね、大なり小なり他の選手もいかさまをしていたんです。
それでも勝てたのは、良いアシストをしてくれる選手を集め、組織的にドーピングを行い、そして何と言っても厳しいトレーニングもしていたんですね。

今までに読んだり観たりしたランス・アームストロング関係のもの。
『シークレット・レース』
映画『疑惑のチャンピオン』


シークレット・レース―ツール・ド・フランスの知られざる内幕 (小学館文庫)

シークレット・レース―ツール・ド・フランスの知られざる内幕 (小学館文庫)

  • 作者: タイラー ハミルトン
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2013/05/08
  • メディア: 文庫



偽りのサイクル 堕ちた英雄ランス・アームストロング

偽りのサイクル 堕ちた英雄ランス・アームストロング

  • 作者: ジュリエット・マカー
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2014/05/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



本日のローラー台

18011902.jpg

18011903.jpg

本日のローラー時間:50分
1月度のローラー時間:700分
2018年度ローラー総時間:700分


スポンサーリンク

nice!(70)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 70

コメント 2

ranran

悪行の限り とはいえ ライバル選手の道具や財布を隠したりはしなかったのかな?ww
やらない と言うよりも それでは勝てないのが解っていたからですね!

誰でも解りますけどね、、

チームぐるみ もスゴいですが 国ぐるみよりまし 位に思っているんでしょうかね~
by ranran (2018-01-20 08:08) 

tsun

ranranさん
「選手生命を終わらせるぞ」という脅しをしていたようで、道具を隠すより余程悪質です。
ガンを克服したヒーロー、ヒーロー好きなアメリカ人を味方にしていたのは確かですよね。
by tsun (2018-01-22 12:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © チンチコチンでトキントキン、時々ダランダラン All Rights Reserved.