So-net無料ブログ作成

失敗した・・・ [メンテナンス]


ピストン動作不具合調整を行い若干は良くなった我が愛車のディスクブレーキ。
でもやはりレバーの引き代が少なくなったり多くなったりします。
これは、左右のピストンが均等に出なくなっていたり、ピストンが戻らなくなっていたりするのが原因のようで、清掃及び修正方法も教わりました。

バケツに中性洗剤を入れた水でピストンを洗います。
13030201.jpg

フロントはレバーを何回も握るとこのようになりました。
まさしく片方のみ。
13030202.jpg

出てこない方は反対側のピストンを押さえながらレバーを握って、無理やりピストンを出し掃除します。
何回も繰り返しましたが、こじってしまったのかピストンが斜めになっているような気がします(^_^;)
13030203.jpg

ピストンの出し過ぎには気を付けていましたが、ブシュっと音がしたと思ったらオイルが少し漏れてました。
マズイと思いつつ、慎重にピストンを押し込みました。
13030204.jpg

真水で洗剤を落とし乾かしました。
13030205.jpg

タイヤを付けてテスト。
後輪は良さそうです。
エアが混入したのでしょうか、オイルが漏れたフロントはレバータッチがフニャフニャのスポンジー状態です。
面倒ですが、明日はオイル交換とエア抜きです。


スポンサーリンク

nice!(28)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 28

コメント 4

an

メンテしてさらに酷くなる。
よくあることですね。
えらく高く付くことも多々ありますね。
by an (2013-03-03 11:41) 

tsun

anさん
あります、あります(笑)
今回はエア抜きでスポンジー状態は直りましたが、元々の症状が直ったかどうかは分かりません。
by tsun (2013-03-03 22:11) 

こーじ

失敗しましたか・・・
でも失敗して覚える、ってこともありますしね。
by こーじ (2013-03-04 09:56) 

tsun

こーじさん
どのくらいまで出して良いのかよく分かりました。
でもブレーキに関してはもう新しいのが欲しいですね。
by tsun (2013-03-05 22:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © チンチコチンでトキントキン、時々ダランダラン All Rights Reserved.