So-net無料ブログ作成

ピストン動作不具合調整 [メンテナンス]


先日のリアキャリパー清掃に引き続き、フロントも清掃及び調整を行ってみました。

時には「うるさいなぁ」とか「整備不良?」とか言われ、長い間放置状態だったフロントのパッドとローターの干渉。
前回の南知多ライドでは末期的症状で、見かねたadam12さんに現地で応急処置していただいた始末。

そこで今回はシマノのマニュアルに従って、「ピストンの動作不具合調整」の作業をしてみました。

1. 車輪、ブレーキパッドを取り外します。ピストン及びその周辺を洗浄します。リザーバータンクのふたを取り外します。

13020401.jpg

2. ピストンをこじらないように真直ぐに押し戻します。この時、リザーバータンクから油があふれることがありますのでご注意ください。

13020402.jpg

3. ブレーキパッド、パッドスぺーサー(赤)をセットします。

13020403.jpg

4. ブレーキレバーをあたりまで操作し、数回ブレーキレバーを握ることにより、2つのピストンの初期位置が一定に調整されます。

5. パッドスぺーサーを取り外し、車輪をセットし、ローターとブレーキパッドが干渉しないことを確認します。接触する場合はシムを使用して調整します。

13020404.jpg

6. 油面を確認した後、リザーバータンクのふたを取付けます。

メンテナンス台の上での感じでは、良い気がします。


スポンサーリンク

nice!(30)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 30

コメント 10

adam12

「うるさいなぁ」とか「整備不良?」といったのは私です。(笑)
なんとかなりそうですね。。

by adam12 (2013-02-04 23:49) 

ももんが

実はこういうのが面倒くさくてMTB躊躇しております。
でもなんとかなりそうですね。
by ももんが (2013-02-05 01:28) 

tac-phen

ディスク付近を触るのはなんか怖そうですが、うまいことやりますね。

こういう音って常に気になり不快になりますから、なんとかなってよかったですね。

ポチ。
by tac-phen (2013-02-05 01:39) 

みぞお

以前に見たシマノのミネラルオイル交換とブレーキの調整マニアルを見ているようです。
パッドの調整は、ミリ単位の位置調整だったような気がします。
by みぞお (2013-02-05 15:41) 

半世紀少年

ひとりで走ってると手つかず状態が続くんでしょうね。
仲間っていいですよね。
by 半世紀少年 (2013-02-05 22:40) 

tsun

adam12さん
はい、adam12さんです。
マグラのブレーキでも買って使ってみたいです・・・。
by tsun (2013-02-06 00:18) 

tsun

ももんがさん
ほとんどメンテナスフリーみたいなもんですよ。
これなんか20分もあれば出来ちゃいますからね。急がば回れでした。
by tsun (2013-02-06 00:23) 

tsun

tac-phenさん
とくにブレーキを掛けた時のキーという音は気が引けます。
これで実走で音が鳴らなければいいのですが・・・。
by tsun (2013-02-06 00:28) 

tsun

みぞおさん
1から6の文面はマニュアル通りです(^_^;)
左右で1mmくらいの透き間ですね。でもマニュアル通りやれば問題なしです。
by tsun (2013-02-06 00:36) 

tsun

半世紀少年さん
どっちかと言うと気になってもそのまま走ってしまう派です。
今回応急処置をしていただいたadam12さんは、チャチャっとやってしまう派で本当に頼りになります。
by tsun (2013-02-06 00:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © チンチコチンでトキントキン、時々ダランダラン All Rights Reserved.