So-net無料ブログ作成
検索選択

「無私」とは私心の無いこと [読書]

17030901.jpg

映画『殿、利息でござる!』が面白かったので原作の方を読んでみました。
映画は、原作を面白おかしく味付けした感じでした。
原作は当時の時代背景(江戸中期から後期)がより詳しく分かり面白かったです。

続きを読む


nice!(66)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「御嶽山噴火 生還者の証言」と「官賊と幕臣たち」 [読書]

170204.jpg

今日は当番で出勤。
鍵を開けて留守番するだけ。
午前中は仕事を片付けて、午後からは読書してました。
図書館で借りた、この2冊を読むことができました。

続きを読む


タグ: 図書館
nice!(66)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『潜行三千里』を読んでみた [読書]

161111.jpg
『潜行三千里 新書版』元大本営参謀 辻政信

昭和25年出版の100万部を記録した大ベストセラーの復刻・新書版。
タイバンコクにて敗戦をむかえた日本陸軍参謀辻政信大佐が、身分を偽って戦犯から逃れるために、タイやベトナム、中国に潜伏した時の記録です。

続きを読む


nice!(64)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マジだぜ [読書]

16100601.jpg
『どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法』

運動神経は良くはないけど、そんなに悪いわけでもないと思ってます。
ただ、身体能力が低く、なんと言っても体が硬い。
新聞の広告でこの本を知った時は、速攻でパソコンを起動して図書館HPで予約しました。

続きを読む


nice!(67)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『ジョン・ミューア・トレイルを行く』 [読書]

16032801.jpg
『ジョン・ミューア・トレイルを行く バックパッキング340Km』

最近は無性に歩くのが楽しくて仕方ありません。
ついつい自転車をやめて、ウォーキングの方へ行ってしまう私。
そんな訳で、こんな本を借りてきました。
このジョン・ミューア・トレイルの大部分は、アメリカの三大長距離自然歩道のひとつであるパシフィック・クレスト・トレイルの一部となっているようで、カリフォルニア州のヨセミテ峡谷からマウント・ホイットニーまでを縦走します。
こういう本を読んでいると、つくづく英語が堪能ならなぁ、と思います。
でも、行動力のある人は英語できなくても行っちゃうんでしょうね・・・。

続きを読む


タグ: 洋画 図書館
nice!(82)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ランタン・ルージュ [読書]

15121901.jpg

今日は早速メガネのレンズを作りへ。
一年くらい前に新装開店したポートウォークみなと(アピタ港)。
そこに入っているお店でお願いしました。
眼科で処方箋を書いてもらっているので、レンズの種類とオプションを決めるだけ。
10分で完了し、一週間後には完成です。

続きを読む


nice!(60)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自転車紀行本 [読書]

151205.jpg

図書館で、「自転車」検索で面白そうな本を借りて読んでます。
今回はこの二冊。
著者であるお二人共に、50歳を過ぎてからの横断旅。

続きを読む


nice!(75)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

貸し出し猶予 [読書]

151117.jpg

新潮社社長、1年間の新刊貸し出し猶予を要請へ

一部抜粋すると・・・
「本の売り上げが減っているのは図書館の貸し出しの増加が一因である」として、新潮社の社長が、一部の新刊に限って図書館に対し1年間の貸し出しの猶予を求める考えを明らかにしました。

続きを読む


タグ: 図書館
nice!(85)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『新大辺路を行く』 [読書]

151105.jpg

こんな楽しそうな本を見つけました。
熊野紀行文の大辺路編。
私の次回熊野古道歩き予定は大辺路を考えてます。
紀伊富田から勝浦までの約100kmを4日で歩く計画を立ててます。
前日移動を考えて5日必要で、なかなか行けないです。

続きを読む


nice!(71)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『雲霧仁左衛門』 [読書]

151014.jpg
えりおさん、ありがとうございます。やっと読めました。

ずっと隙間で読んでいた『雲霧仁左衛門』。
そんな訳で前編はなかなか進みませんでしたが、後編に入りメイン読み。
物語大詰めは、手に汗握る展開。
もうドキドキしちゃいました。

最後は知りたいことも分かり、そして結末も好みでスッキリ。
面白かったです。


雲霧仁左衛門 (前編) (新潮文庫)

雲霧仁左衛門 (前編) (新潮文庫)

  • 作者: 池波 正太郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1982/06/29
  • メディア: 文庫



雲霧仁左衛門 (後編) (新潮文庫)

雲霧仁左衛門 (後編) (新潮文庫)

  • 作者: 池波 正太郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1982/06/29
  • メディア: 文庫



nice!(74)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
Copyright © チンチコチンでトキントキン、時々ダランダラン All Rights Reserved.