So-net無料ブログ作成

『敗北のない競技 -僕の見たサイクルロードレース-』 [読書]


17090707.jpg
『敗北のない競技 -僕の見たサイクルロードレース-』
土井雪広 著

なんとなく見た目(やんちゃ系な顔)で好きでなかった土井選手。
この本の最初のころを読んで、「やっぱ嫌いなタイプだわ」でした。
しかし、本を読み進めていくうちに、第3章あたりくらいでしょうか、本の面白さと同時に土井選手への思いが変わっていきました。
第6章なんて、ほろっときましたよ。

それにしても衝撃的なことが書いてあります。
レース中のプロトンの中で行われている、こんなこととか・・・。
ゴール1時間前くらいでカメラが空撮に切り替わった時に、ぎりぎりドーピングでない薬をみんなが飲みだす・・・。
ちょっと前に流行った薬を飲んでいると、「まだそんなのを飲んでいるのか」と笑われる・・・。

「プロトンの中は薬漬け(ジャンキー)だらけだ」には笑えました。
*プロトンとは有力選手のいる集団です

山本元喜選手の『僕のジロ・デ・イタリア』とはまた違った面白さでした。


敗北のない競技:僕の見たサイクルロードレース

敗北のない競技:僕の見たサイクルロードレース

  • 作者: 土井 雪広
  • 出版社/メーカー: 東京書籍
  • 発売日: 2014/04/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



僕のジロ・デ・イタリア

僕のジロ・デ・イタリア

  • 作者: 山本 元喜
  • 出版社/メーカー: 東京書籍
  • 発売日: 2017/07/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



スポンサーリンク

nice!(72)  コメント(2) 

nice! 72

コメント 2

ranran

まだそんなのを、、

脱法ハーブ、ドーピング、取り締まる側は常に後追いです
モラルに頼っても 他の選手の多くが使用してしまうと、、

でも そういう事で スポーツそのものが面白くなくなってしまうんですよね

卓球の水谷選手は 本当に偉大です
by ranran (2017-09-09 08:58) 

tsun

ranranさん
違法でないそれらの薬を飲んでいる選手と、飲んでいない選手とでは全然違う・・・、と書いてありました。
という事で、欧州自転車レースでは薬物は常識みたいです。

違法ラバーの問題ですよね。
by tsun (2017-09-10 02:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

Copyright © チンチコチンでトキントキン、時々ダランダラン All Rights Reserved.