So-net無料ブログ作成

自転車紀行本 [読書]


151205.jpg

図書館で、「自転車」検索で面白そうな本を借りて読んでます。
今回はこの二冊。
著者であるお二人共に、50歳を過ぎてからの横断旅。




『HABANA EXPRESS』寺尾聰 1981年4月リリース

この夏にアメリカとの国交を回復したキューバ。
そんな頃にはキューバの情報もチラホヤ。
思っていたイメージとかなり違って、なかなか良い国に思えました。
今ではかなり貴重なビンテージカーが現役で走っているようですね。

そんなキューバにはこの先行けそうにないので、この本で行った気になりたいですね。


53歳が往く ユーラシア横断自転車の旅 (ベストセレクト 836)

53歳が往く ユーラシア横断自転車の旅 (ベストセレクト 836)

  • 作者: 奥平 正和
  • 出版社/メーカー: ベストブック
  • 発売日: 2014/03/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



キューバ自転車横断紀行

キューバ自転車横断紀行

  • 作者: 小林 建一
  • 出版社/メーカー: 彩流社
  • 発売日: 2014/09/24
  • メディア: 単行本


スポンサーリンク

nice!(75)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 75

コメント 2

MINERVA

自転車での旅には憧れておりましたが、今の状況を考えますと定年を迎えてからになってしまいます。
国内ですら東京都内を走り回るだけなのですが、今でも発見する事が多いので、なかなか外に行けない感じです。
自転車は生涯乗り続けるつもりですので、いつかは知らない土地へ行ってみたいと思っております。
by MINERVA (2015-12-06 12:36) 

tsun

MINERVAさん
まとまった時間が取れるのはやはり定年後ですよね。
でも本当は体が言うこと聞く今のうちに出掛けたいところです。
今からしっかりと体を鍛えておかないといけませんね。
by tsun (2015-12-06 18:25) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © チンチコチンでトキントキン、時々ダランダラン All Rights Reserved.